阿波小松島の焼ちくわといえば、遠く源平八屋島の合戦の寿永年間、源義経の軍勢が小松島に上陸したとされている。
その時、小松島の漁夫たちが海岸でとりたての小魚の身を練り合せ青竹に巻きつけて焼いている芳香に引かれ、その一つを所望、賞味され「味」・「香」ともに賞賛され、それ以来小松島の焼竹輪は時が流れ、世が変わっても、このすばらしい味は変わらず、今にその伝統を受け継がれている。
義経像
鳴門の渦潮
阿波踊り
;
HOME
お客様各位
平素は有限会社谷ちくわ商店をご愛顧賜り、厚く御礼を申し上げます。
さて、ここ十数年来カゴ製品の価格は据え置きにしておりましたが、昨今の諸資材の値上げその他経費の高騰により、
誠に不本意ながら、10月1日(火)より、下記製品価格を改訂させていただくことになりました。
何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

竹ちくわ10本ビニール籠入り価格 ¥1000 →¥1050
竹ちくわ10本竹籠入り価格 ¥1050 →¥1100
竹ちくわ5本かつ天5枚竹籠入り価格 ¥1050 →¥1100
その他籠のみ価格 ¥100 → ¥150
ビニール籠(小)のみ 価格 ¥50 → ¥100

有限会社谷ちくわ商店